ブログ

中田こころのクリニックの漢方外来

中田こころのクリニックでは漢方を中心とした治療も行っております。

 

特に、ストレスや過労で女性ホルモンのみだれがある方には積極的に導入しています。ただし漢方薬は長く服用し、体質を少しずつ改善していくためのものが多いので、急性期は西洋薬を用いて、症状が少し楽になってから漢方薬に切り替えていくといった方法を勧めている場合が多いです。

 

では、いくつか女性に合うといわれている漢方薬をご紹介していきます。 まずは、当帰芍薬散。 「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は古くより多くの女性に用いられてきた漢方薬です。最近でも産婦人科や心療内科でよく処方されるお薬です。 体力虚弱で冷え症で貧血の傾向があり、疲れやすい方の「月経痛」、「月経不順」、「産前産後の障害(貧血、疲労倦怠等)」、「更年期障害」、「めまい・立ちくらみ」等に用いられています。

 

血液を補いながら血流もよくする当帰、芍薬、川きゅう。これらの生薬は止痛作用や生理不順を緩和する働きがあるので、生理痛や腹痛にも用いることができます。 消化機能を高める白朮(もしくは蒼朮)や茯苓、利水作用のある沢瀉は胃腸の機能を整え、むくみを改善させます。体内にある余計な水分を取り除くことによって、冷えを軽減させる作用もあるといわれています。漢方薬全般に言えることですが、西洋薬に比べゆっくりとした効き方をするようです。数週間は服用を続けて効果を見た方が良いと思われます。

                      中田こころのクリニック  院長

 

non_3665

TOPに戻る